· 

インパクト チラシ 2020

Amax.タピオカイメージ1
マスコミの露出は減りましたが、いい店は今でも健在です。

テレビ東京で2週連続、放送された「勝手屋本舗〜どん底からの再建ビフォーアフター」という番組を見ました。

昔でいう「愛の貧乏脱出大作戦」のようなお店を再生させるような企画です。

 

看板商品タピオカの売り上げが、ブーム終焉と共に減少した台湾茶専門店「KIKICHA TOKYO」が

ターゲット店の一つとして登場。

 

店主は、タピオカ時と変わらない原価率の高さ・素材の良さを売りに、

新たに「胡椒餅」で勝負に出たい!と考えたわけです。

 

しかし外側の生地製造がしっくりこなく、試行錯誤しているとのことでした。

Amax.起業家イメージ2
普通に結婚されているとか。ちなみに奥様は岸本氏の会社の専務のようです。

ここで登場したのが、ベーカリープロデューサーの岸本拓也氏です。

 

全国のパン屋を立て直して活躍がめざましく、サイケなの風貌とネーミングセンスは強烈なインパクトを与えてくれます。

 

胡散臭いですが ガイヤの夜明けで2度も登場しています。

(ガイヤの夜明けは好きでよく見ます。ステーキ丼の「佰食屋」の解雇物語はドラマでしたね。。)

 

もちろん岸本氏が「胡椒餅」を粉づくりから指南するわけですが、

あとは熱い想いを伝えるチラシ作りも必要とアドバイス。

Amax.チラシイメージ
構成力があれば、画力はそんなに必要ないんです。

番組内で作成されたのがこのチラシです。実際に制作したのは「グラフィックレコーダー」なる方で、守隨佑果氏。

 

 

絵本出版社出身で保育関係にも携わっていた女性のようです。

可視化を大切にしたイラストレーションをモットーにしています。

 

 

また「自分ごと化できるものが見出しで入っているとよい」という助言も、他プロフェッショナルからありました。

このチラシ内なら「コロナ禍〜〜などでお疲れのみなさんへ」部分でしょうか。

 

 

この手法なら不動産や習い事スクールなど、形にしにくいサービスもオンリーワンの特色を表現できます。

逆にいうと、そんな大きな売りがなくてもストーリーが作れるので見栄えします。

ex.「駅から近い」「店長のキャラクター」「スタッフの趣味」

 

 

プラス、割引や特典は必須です!(このチラシ内なら〝100円引き〟と〝マイボトル持参ならいつでも100円引き〟です)

 

 

綺麗なだけのチラシより、イラストレーターさんも活用するチラシがインパクトを生むことも。

お問い合わせ先: 

電話: (06) 6309 8804

住所: 大阪府大阪市淀川区新北野2 

 

 

※もう一つのAmax.サイト

 覗いてみてください。

http://amax-design.com