· 

チラシ(印刷済)の有効期限だけ変えたい!

既にたくさん印刷済チラシがあるのに「キャンペーン内容や有効期限のみを変えたい❗️」

 

または「新たにQRコードを取り入れたい❗️」という時があります。

 

 

出版された本の場合、誤植(ミス)を訂正シールで隠したり、正誤表を挟んだりしていますよね。

(Webの強みはすぐに直せるからいいです)

 

しかし悲しいことに、その訂正シール部分は逆に目立ってしまうんです。

マスキングテープでペタリとやるのはいかがでしょうか。マスキングテープ収集家もいる位種類豊富です。

それを逆手にとって。。

マスキングテープでペタリとやるのはいかがでしょうか。マスキングテープ収集家もいる位、種類豊富です。

新しい有効期限やキャンペーン内容を、チケットのように用意して。

新しい有効期限やキャンペーン内容を、チケットのように用意して。

これはターゲットが会社様ではなく、一般の方に限られるでしょうね(例えば、接骨院やネイル、飲食、美容室……)

消したい訂正箇所の上に貼りつけます。

 

 

これはターゲットが会社様ではなく、一般の方に限られるでしょうね😊

(例えば、接骨院やネイル、飲食、美容室……)

 

 

ポスティングのチラシは、大概がゴミ箱行き。目立てばいいと思います。

細部の洗練さは求められていないでしょう。

新聞折込チラシ、ポスティングチラシにはご存知、反響率とかいうのがあって

新聞折込チラシ、ポスティングチラシにはご存知、反響率とかいうのがあって

0.01〜0.03%などと言われていますよね。

(1万部で1〜3件。。トホホ😥)

 

 

正直、SNSに比べたら効率がかなり悪いですが「ターゲット層とエリア」を

しっかりと把握されているのならやって損はないと思います。

 

宝くじも買い続けないと当たらないですし、PR方法に正解はないです。

 

西中島というビジネス街をご存知でしょうか?あのエリアはオフィスビルがギュッと凝縮されているんです。  新大阪や梅田になると、また違ってくるんですよね。

お恥ずかしながら、5年程前にポスティングしていた私のチラシでございます。

(業者にポスティングを依頼するのはでなく、自分でしていました)

 

 

実際どの位配ったのか忘れましたが、2件問い合わせがありました。

ポスティングをやめてから、数ヶ月後にお電話があったので「取っておいてくれたんだ」と感慨深かったのを覚えています。

 

 

 

西中島というビジネス街をご存知でしょうか?あのエリアはオフィスビルがギュッと凝縮されているんです🎵

新大阪や梅田になると、また違ってくるんですよね。

 

 

 

集合住宅でのポスティングが楽なのと同じです。。

西中島周辺に用事がある時は、ついでにオフィスのポストに投函していました🌷

もちろんチラシ禁止のところは避けていましたが。

 

 

 

今覚えば「デザイン事務所〜〜」「オフィス〜〜」という

同業っぽい会社は避けるのみの「ポイポイ投函手法」でかなり強引でした💦

 

 

 

このチラシはA4の二つ折りで、本の表紙を意識したものです。

裏には「本業で忙しく会社のPRは後回しの方、ご連絡下さい」と表記しました。

 

 

5年前に限らず、今でも「新書を意識したような白地にタイトルのみ」という表紙デザインは多いですよね。

 

 

書いてある内容は古臭い感じがしますが

会社様向けのデザインテンプレートとして、こういうのはいかがでしょうか。


 

🌷🌷 最後に。。このブログの主です。🌷🌷🌷

 

10年のキャリアがある大阪のフリーデザイナーです。

 

個人事業主さま、女性ターゲットのデザイナーをお探しの方、お気軽にサイトまでご相談くださいませ。↓↓↓↓↓

 https://www.happy-amax.com


お問い合わせ・ご相談はこちら(全国対応可)

TEL 06-6309-8804

営業時間 9:00〜19:00(土日祝定休)


住所: 〒532-0025

   大阪府大阪市淀川区新北野2 

 

 

※もう一つのAmax.サイト

 覗いてみてください。

http://amax-design.com